マルチライター形式のブログです

ジャンルは様々です

あんかけちゃーはん?
おーいえー!

2014年04月16日

寝る間も惜しんで読んだノンフィクション作品ベスト3を教えて!

特に寝る間を惜しんだわけではないけども心に残っているノンフィクションものといえば


1 馬場信浩 『落ちこぼれ軍団の奇跡』 
大昔のドラマ「スクールウォーズ」 の原作となった本です。
当時、超がつくほどの荒くれ高校であった伏見工業高校ラグビー部が花園で優勝を勝ち取るまでの過程を描いた物語。
ドラマのOPでは学校内をバイクでぶっ飛ばすシーンやガラスを叩き割るシーンがありましたが、ドラマならではの誇張ではなく本当にあんな感じだったらしいです。
ちゃんとイソップの元になった人も出てきますよ。あんまりネタばらしするとあれなので控えますが、かなりドラマが原作にそれなりに沿った作りになっています。
それが今や高校ラグビーの強豪校ですよ。
そして物語中にも描かれていた当時の花園優勝メンバー(ドラマでは松村雄基だったかな?) である平尾誠二氏がは後にラグビー日本代表監督になりました。
教室でマージャンやってたり・・・、これが優勝する過程がすごいです。

 
2 松田広也 『ミニヤコンカ奇跡の生還』
ミニヤコンカという山を登山中に悪天候に見まわれ、死にそうな目に何度も遭いながらもなんとか生還を目指す話。詳細部分はかなり忘れちゃいましたけど読み応えありました。


3 佐野三治 『たった一人の生還―「たか号」漂流二十七日間の闘い』 
ヨットレースに参戦している途中で遭難し、救難ボートで漂流を続けながらなんとか一人だけ生還する話です。すさまじい漂流中のサバイバルの様子が描かれています。その様子こそが肝のお話なので当然その詳細は書けませんが、まあとにかくすごいですよ。
ただしこの方、たったひとりで生還したことによって他の乗組員の遺族の方から色々と嫌疑をかけられて訴えられちゃうんですよね・・・。
著作が本当だとすればこれはもうしかたがないことだと思うのですが、いかんせん一人しか生き残っていないので真偽の程はよくわかりません。


とまあ、ノンフィクションに関してはこんなところですかね。

猫好きには
斉藤洋先生の
『ルドルフとイッパイアッテナ』
を始めとしたルドルフシリーズがオススメですよ。童話ですが大人にも十分読める内容です。
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
記事検索
ギャラリー
  • 名物らしい
  • セミ
  • ワレピク
  • 今年の終わりのタマ
  • サンタと虹は味がないらしい
  • トーストが届いた
  • メリクリ
  • ワレピク
  • ワレピク
TEST3
テスト4989